信on廃城足軽戦記

 ~信on(元山吹)三好家の片隅で生きる廃城日記~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

めざせ金色堂(超今更  

天叢雲剣の謎を巡って戦う
中尊寺金色堂ダンジョン
私が休んでた間の変化で
個人的にもっとも期待していた
追加要素であります

なにしろソロで入っても
NPCを6人まで追加してくれて
攻略ができるという
まさにソロメインの為の様なコンテンツ
当然、インして真っ先に試してみました


中にいる案内人に話しかけると
瞬時に各職のNPCを追加してくれるという
大手人材派遣会社も顔負けの辣腕ぶり
こんな有能な人材ネットワークを有しておきながら
「今や中尊寺も荒れ果ててます」とか
平気な顔をして言われても
闇とか魔とかの問題じゃ無く
単に寺側の管理能力に問題があるんじゃ?

とか思ってしまうのですが
まあ現場には現場の苦労もあるのでしょう
安易な無能判定は早計というもの


私もさっそく平均的なバランス徒党になる様に
NPCを雇用致しました
なんかNの名前にヒネリがありませんが
家臣と違って行動設定ができないあたりに
黙って俺たちに任せとけという
プロの傭兵的な雰囲気を醸し出しております
ここはお手並み拝見といった所でしょうか
いざ中尊寺へ進撃です


と、ここですぐに悲しい事実に直面致しました
レンタルNPC達は家臣達と違って
仲間に入れても一緒に走ってくれずに
戦闘の時だけ味方に加わってくれるという
とことんプロフェッショナルに徹するスタイルの模様
いえ、別に全然攻略には問題無いのですが
ソロで走りまわって戦闘になると7人化
戦闘が終わったら即時に一人になって
また自分ひとりで走り出すというのが
地味に寂しいというか
ぶっちゃけボッチ感が半端無い
やはりNPCとはいえ自キャラと一緒に
うろついてくれてこそ探索感が出るというもの
戦闘の時にサッと沸いてきて
終わったらササッと消えてしまうあたりは
町中まで一緒に付いてきてくれる家臣とは違い
完全にビジネスだけの付き合いと言わんばかりです


しかしその動きはガチでした
鍛冶は釣りまくりでアタッカーは強力
僧兵の閻魔2は往年の景勝を彷彿とさせます
そして何より驚愕したのは忍者NPC
蘇生や完全とかの準備動作に
的確に封殺手裏剣決めまくってワロタ
どいつもこいつも私が設定する家臣の
ポンコツ挙動とは月とスッポン
てかむしろ私のPCが一番挙動がヘボ(ry
PC徒党で一番下手とかは慣れてますが(帰れ
なんというかとうとうNPCにまで
追い抜かれる日が来たのかと
思わず遠い目をしてしまいました
これは進化したAIに囲碁や将棋の
プロ棋士が負けてしまった時に感じた
一抹の寂寥みたいなものなのでしょうか
嗚呼、人間の未来は
一体何処へ向かっているのか






でもとりあえず2つ程ボス撃破できてご満悦
勝てばいいんだよ勝てば(ドゲス顔



廃城足軽メモ:
しばらくは中尊寺で遊べそうです
エンジョイゴールデンテンプル

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/23 Mon. 23:31 [edit]

category: 信on

thread: 信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 2

コメント

どんなスーパーコンピューターにも書けない

足軽戦記

URL |  #-
2016/05/24 15:39 | edit

Re: タイトルなし

Mさま

コメントありがとうございます。


> どんなスーパーコンピューターにも書けない
>
> 足軽戦記


一部知人の間では
サルでも書けるブログと言われてますよ!w


またのご来店をお待ち致しております(=゚ω゚)ノ

URL | 山吹足軽 #-
2016/05/25 09:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://14zatu.blog.fc2.com/tb.php/438-368efcb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

参陣者数

来訪者様

リンク

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

信onリーダー

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。